株式会社共立は、丹後の地で鶏肉の製造販売をはじめて50年以上。希少な「京都府産チキン」を製造している数少ない会社です。

あゆみ

株式会社共立設立のあゆみ

昭和41年4月  株式会社浜宗商店飼料部門より食鳥の処理、解体、販売を目的として、資本金500万にて共立食鳥株式会社設立  本社 京都府竹野郡網野町網野253    工場 京都府竹野郡網野町仲禅寺 

昭和44年12月 株式会社共立 へ社名変更                                               京都府中郡峰山町二箇1492へ工場移転

昭和61年4月 排水処理装置設置 120t/日能力  

平成4年4月 食鳥検査制度スタート
指定検査機関(厚生労働大臣指定)である公益社団法人京都府獣医師会の検査員(獣医師)による食鳥検査が始まる。
 <毎日2名(交代制で6名)の検査員により、すべての鶏の検査が行われ異常鶏や異常部位を排除>

工場改修、増築。中抜きラインを設置し、中抜方式へと変更。140万羽/年処理 

平成7年8月  資本金1,000万円に増資。

平成17年3月 決算月 1月31日から3月31日へと変更。

平成19年4月 新たに工場衛生施設設置。

平成26年9月 代表取締役社長 堀江 均 就任   

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0772-62-1858 受付時間:8:30~17:30〔水・日・年末年始を除く〕
FAX:0772-62ー6271

PAGETOP

Copyright© 2019 国産チキンの株式会社共立 All Rights Reserved.